FC2ブログ

安価な Bluetooth イヤホンを使ってみる

ノート PC やスマホで YouTube や radiko の音声を聞く用途は、今なら Bluetooth イヤホンが主流だろうと思う。Bachi も前から欲しいとは思っていたが、いろんな新機種の情報を見るたびに、「もっといい新製品が出るのでは?」 とか 「何万円もするのを買っても、たいして使わないんじゃ、もったいない」 と思ったりして買いそびれていた。(出先や移動中にイヤホンで音楽を聴く習慣は無い) 下リンク先の最近の記事で知ったが、ダイソーに 500 円の Bluetooth イヤホンがあるんやね。

100均ショップで買える、300~500円のお得なデジタルガジェット4選
   ダイソー Bluetoothイヤホン

試しに使ってみるという用途なら、これで十分なんじゃないかと思って、さっそく近所のダイソーで黒いのを買ってきた。Bluetooth 5.0 対応の左右が繋がったタイプで、中央にコントローラがある。ノート PC とのペアリングは簡単にできた。

付属の USB コードを使って 1 時間ほど充電しておいて、ノート PC と接続して、ラジオの広島カープ開幕戦実況中継を rajiko で聞いてみた。少しうるさいと思って音声レベルを調整したが、最低が 6 で、5 以下はミュートになるので PC 側で調整する。YouTube や Google Play Music で楽曲も聞いてみて、ちゃんと聞こえるけど、なんか変だと思ったら、このイヤホン、ステレオじゃないのね!下リンク先に説明がある。

Bluetoothイヤホンが“500円”の衝撃! SNSで話題の「ダイソーイヤホン」の実力は残念ながら……

モノラルだから変な感じがしたわけだ。でも野球中継の radiko なら問題は無い。自室で使う分には、2、3 時間しかバッテリーが持たなくてもかまわない。マイクも使えるので、たまにあるリモート会議でも使えるだろう。さすがに、隣の部屋に移動すると音声が途切れるが、この Bluetooth イヤホンが手軽に使えることは判った。こうなると TV の音声も、これで聞ければ便利だと考えて、Bluetooth トランスミッターも買ってみた (下写真)。写真ではわからないが、6 x 6cm くらいのサイズ。

TaoTronics Bluetooth トランスミッター レシーバー aptx-LL
   TaoTronics Bluetooth トランスミッター レシーバー aptx-LL

自室では、BD プレイヤーをモニターに繋いで TV や BD を見ているので、Bluetooth トランスミッターを BD プレイヤーに繋いだら音が出ない。よく見たら BD プレイヤーの出力端子は HDMI しかなかった (笑、入力端子に繋いでいた)。モニターのヘッドフォン出力端子に繋ぎ直したら聞けた。Bluetooth トランスミッターを使う場合、音声圧縮計算による映像からの遅延時間が、どのくらいなのか心配だったが、そう思って聴けば遅れているかなと思うぐらいで、Bachi には問題無いレベルだった。モノラルだから片耳だけで聞けるのも便利。もっと良い音質が欲しくなったら、より高級なイヤホンを買えばいいかと思う。

買ってみるまで判らなかったのが、ノート PC と BD プレイヤーに繋いだ Bluetooth トランスミッターを両方動かしたらどうなるのか? ということ。後から繋いだ方の音声が出力されて、それを切ると元の音声に戻るんやね。なかなか便利。



追記
その後、耳の穴との相性問題と 「ながら聞き」 でモノラルなら片耳用でもいいんじゃないかということで、ダイソーの片耳用 Bluetooth イヤホン (300 円) も買ってみた。下リンク先記事によると、これは改良型なんだそうだ。オープンタイプだったので耳穴との相性を気にする必要が無く、最初から片耳に引っ掛ける仕様なのでコードが煩わしくない。こっちの方が気に入ったので、両耳用はお蔵入りになった。これも 500 円だからできる事やね (笑)。(下写真も記事から借用)

【ダイソー】愛用300円Bluetoothイヤホンがパワーアップしてる!!【E-BT-ME1】
   E-BT-ME1 と付属品

テーマ : 携帯ツール
ジャンル : 携帯電話・PHS

プラモ展示台を入手する

以前にも書いたが、Bachi は、1/72 戦闘機プラモを、ほとんど飛行状態で作る。理由は、飛行機は飛行状態のほうが美しいと思うから。プロペラ機の場合はプロペラが回ってないので実感を損なうが、ジェット機の場合、回転する部分は見えないので飛行状態が良いと思う (脚を作るのがめんどくさいという話もある (笑))。しかしそうするとパイロットが乗っていないとまずいのと、1 機について 1 台、展示台が必要になる。

50 年くらい前の 1/72 戦闘機プラモには、パイロットも簡単な展示台も付いていた (下左写真) が、現在のキットには、どちらも無かったりするので困る。パイロットについては、ジェット戦闘機ならハセガワの 「U.S.パイロット/グランドクルーセット」 (下右写真、1/72 の場合、着座パイロットが 3 体入っている) のキットを買って追加できるが、展示台をどうするか?
   50 年くらい前のタミヤ 1/72 キットU.S.パイロット/グランドクルーセット

市販展示台をいくつか買ってみた結果、双発機 (エンジンが 2 機付いていて大きな戦闘機) については、透明 ABS 樹脂製展示台 (下左写真) に決めた。なかなか出来が良くて、機体下面に直径 3mm の穴を開ければ F-15 クラスの機体でも、固定することができる。価格は 3 台セットで 1200 円くらい。

THE シンプルスタンド 3個セット
   THE シンプルスタンド高低 2 種類の展示台があるとたくさん展示できる

棚に並べてみてわかったが、飛行状態の戦闘機プラモは、展示台の高さを高低 2 段にすることで、同じ面積でも着陸状態よりもたくさん展示できるメリットがあるんやね (上右写真)。上で買ったのを高い方の展示台として使うと、低い展示台が必要になる。低い展示台には、比較的小さい単発機を載せるので簡単なもので良いのだが、これはというものが見つからなかった。そうしたら作ればよいというブログ記事を見つけた。(下リンク先)

飛行姿勢用ディスプレイスタンドの自作
   アクリルで自作する展示台

高い方の展示台が透明なので、低い方も揃えて透明にするのがきれいだが、上リンク先記事のようなアクリル製の長方形板材や丸棒材が入手できない。ネットで買おうとしたら材料より送料の方が高いんよね (笑)。しようがないのでタミヤの楽しい工作シリーズの 「1.7mm 厚透明プラバン」 「3mm 透明ソフトプラ棒」 を amazon で発注し、近くのホームセンター DCM ダイキで 「5mm アクリル角棒」 とアクリル用接着剤を買ってきて、合わせて自作しようとしたら、それらの材料が揃った日に、下リンク先の透明ポリカーボネート製の安い展示台を見つけてしまった (笑)。価格は 12 台セットで 1980 円と安い。

12個入り プラモデル フィギュア スタンド
   プラモデル フィギュア スタンド

試しに買ってみると、部品に少しバリがあるし、支柱に空気が入ったりしているが、ちゃんと組み立てはできる。支柱を 2 本繋げると高い方の展示台より高くなるが、支柱が細いので、その状態で飛行機モデルを乗せるのはやめた方が良さそう (もともとはフィギュア用展示台)。支柱を 1 本だけにして低い展示台として使うなら使えそうだ。プラモとの結合部は、高い方の展示台と同じ直径 3mm 丸棒かと思ったら 0.1mm ほど太い。しようがないのでサンドペーパーで少し細くして使う (細すぎるよりは良い)。これだけの数 (12 台) があれば、しばらくは大丈夫やろ (笑)。


飛行機、ドローン、模型まとめページ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Bluetti 新型 PV パネル発売

愛媛県は、新型コロナ感染症第 4 波が納まらないので、とうとう 4 月 16 日に Bachi の住む西条市でも外出自粛要請が出た。2 週間で終わるはずだった 「感染対策期」 もゴールデンウイーク以降まで延長されるそうだ。しようがないので、散歩はやめて、自転車にも乗らず、オートバイは食品を買う時だけ乗るというふうにして自宅で過ごそうと思う。困ったことだがワクチンを打つまではしようがない。

--------------------------------------------------------------------------

災害が起きて停電になっても、1 つの部屋だけとか、一部のみへの供給ではあるものの、停電のない住宅を作ることが目的で、PV (PhotoVoltaic : 太陽光発電) 蓄電システムを作ろうと考えてきた。使用する PV パネル(Bluetti SP120、下左写真) のサイズを考えて、前回 (→ PV パネル架台を組み立てる-2) までに架台を組み立てて完成したと思ったら、3 月 24 日に同じ Bluetti 社から、より大発電量の新型 PV パネル 「SP200」 が発売されてしまった (笑)。(下右写真)

BLUETTI SP200 ソーラーパネル200W 折り畳み式
   Bluetti SP120Bluetti SP200
SP120 と SP200 では、見た目はロゴがあるかないかぐらいしか違わないが、サイズが違う。性能諸元を比較してみると、定格電圧が同じなので、太陽電池 1 セルの面積を大きくして相似形で出力アップを計ったような仕様らしい。出力 1W 当たりの値段は、定価なら SP120 は 248 円、SP200 が 244 円と同等だが、セール中なら SP200 は -20% だそうなので 195 円になりお得。
   PV パネルの性能比較
しかし、SP200 は、サイズや重量が大きいんよね。「女性でも持てる 6.5kg」 と書いてあるが、SP120 の 4.2kg でもずっしり来るので、 6.5kg を片手で持つのはかなり重いと思う。解放電圧が同じなので、Bachi の買った SP120 と直列や並列に繋ぐことも出来そうだが、長さが長すぎて自作した架台からはみ出す (下左写真) のと、ずれ落ちないように固定するためのピンの幅が違う (下右写真) ので変えるなら作り直さないといけない。ここは、追加購入時も SP120 の方にして置こうと思う。
   可搬式 PV パネルを載せるPV パネルを引っ掛けるアルミパイプ

それにしても、SP200 は、なんで SP120 と同じ定格電圧にしたんやろね? Bachi が使っている Blutti 社のポタ電 (ポータブル電源 : 持ち運べるサイズ、重量で、バッテリーと AC インバーターなどが一体化しているもの) である AC200P は、PV パネル入力電圧範囲が 35~150V なので、SP200 でも 3 セット以上を直列に繋ぐことになると思う。(日差しが弱いときは 2 セットでは 35V を越えない場合があるから) だから、出力電圧を上げて 1 セットの PV パネルでも AC200 を充電できるような PV パネルにした方が需要があるような気がするんだが、まあいろいろ都合はあるんやろね (笑)。

Bachi が追加購入しようと思っている SP120 は、3月中に amazon で一時、29,800 円 → 25,800 円になったので、夏を待たずに買おうかなと思っていたら、円安になった (106→110 円/ドル) せいか、すぐに元の 29,800 円に戻ってしまった。うーん、買い時を逃したか (笑)。

テーマ : 地球温暖化
ジャンル : その他

古いデカールをなんとかする

前 (→ プラモ作りあれこれ-2) にも書いたが、昨年末から手持ちの 1/72 ジェット戦闘機プラモデルキットを作り始めた。「プラモデルは、何年置いても腐らないから」 と思って買い貯めてきたので、けっこうな量のストックがある (60 機くらい)。気持ちよく組み立てて、楽しく塗装して、さて、デカール (水転写マーク) を貼ろうと思ったら貼れない。これには困った (笑)。手持ちの一番古いキットは、1980 年代のものだが、

① 台紙を水に漬けると、水中でデカールがバラバラになってしまう (これが 5 機中 4 機)
② 一日水に漬けておいても台紙からデカールが剥がれない (これが 5 機中 1 機)


という二つの問題が起こる。② の方は、3 日ほど漬けて置いたら台紙から分離したが、やっぱり ① のように割れる。困ってネットで原因と対処法を調べてみたら、下リンク先記事によると、「デカールは、ニス上に印刷したもので、ニスが経年劣化することで割れる」 んだそうだ。対処法としては、「水に漬ける前に、上からニスを塗って補修して乾かせば使えるようになる」 んだそうだ。いや全然知らんかった (笑)。

古いデカールを使うには

補修のために使うニスで入手しやすいのは、タミヤの 「つや消しニス」、「つや出しニス」 (下写真) のようだが、そんな商品見たことが無い。タミヤのウェブサイトを見てみると、「デコレーション」 (お菓子の模型) 用のツールだそうだ。道理で知らんわけや。作ったことないもん (笑)。

タミヤつや消しニス
   タミヤ つや出しニス & つや消しニス

近くの模型屋に行ったら 「つや出しニス」 はあったので買っておいて、「つや消しニス」 も発注をお願いすることにした。店主さんも、この使い方は知らなかったそうだ。まずは、つや出しニスを使って、アリイ 富士重 FA200 エアロスバルのデカールに塗る。4 時間くらいで乾いたようだが、念のため次の日まで待って、切り取って水に漬けてみる。新しいキットのように数秒でとはいかず、30 分ほど沈めると台紙から剥がれて浮いてくるので、そうなってから機体に移した方が良いようだ。糊は効かないだろうから、機体に Mr.マークセッターを塗ってからデカールを貼るようにした (下写真)。
   ニスを塗った古いデカールは割れずに済むようになる

古いデカールにニスを塗ると、粉々にはならならなくなるが、たまに割れることがあるので、1 回塗りではニス層の厚さが足りないのかもしれない。2 回塗って乾かすともう少し割れにくくなった。ニスの部分をカッターで切るとひびが入りやすいので、ニスの無い部分を切って貼れば、何とかなる。手間はかかるが、全くデカールが使えないよりは全然良い。遠めに見れば、それなりに見えるしね (笑)。
   2回ニスを塗ると、どうか確認中



追記
上に出てくる 5 機中の 1 機であるハセガワ サーブ J-35F ドラケンは、部品請求カードが付いているキットだったので、初めてデカールを注文してみた。こんな古いキット (デカールに 1994 年 12 月と書いてあった) でもメーカー在庫があるんやね。送料込みで 1000 円ちょっとになるのは痛いが、月曜に発注したら金曜には郵便で届いた。新旧デカールを比較してみると、明らかに色が違う (下左写真、左が手持ち、右が新品)。新品を使ってみると嘘のようにストレス無く貼れる (下右写真)。デカールの製造年は同じなので、特別な保管方法をしてるんやろか? 送られてきた透明の袋は、非常にきっちり密封できる感じのものだった。こりゃ手持ちキットの内、注文できるデカールは、取り掛かる前に、とっとと発注しておいた方が、古いデカールにニスを塗ってやきもきするより、精神衛生上良いかもしれない (笑)。
   ドラケンの新旧デカール比較新しいデカールは、さくさく貼れる


飛行機、ドローン、模型まとめページ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

PV パネル架台を組み立てる-2

前回 (→ PV パネル架台を組み立てる-1) から、PV (PhotoVoltaic : 太陽光発電) パネルの架台を組み立て始めた。基本骨格を組んだところで、部品仕様の勘違いがあり、組み立て図と部品数を変更した (下図) が、まだ全部の部品を買っては無かったので、無駄は少なくて済んだ。
   修正 PV 架台組み立て図-1修正 PV 架台組み立て図-2
勘違いして余った長さ 3m の単管 2 本は、自在クランプを追加で買ってきて、骨組みのねじれ強度を上げるために、底面に近いところでクロスさせて取り付けた (下写真)。
   3m 単管を底に組んで強度アップ

続いて PV パネルを載せる部分を組み立てる。固定式の PV パネルなら PV パネルのアルミ枠に穴を開けて、単管に付けた垂木クランプにボルトで固定すればよいそうだが、今回は可搬式の PV パネル (折り畳み式、Bluetti SP120) を載せることにしたので、PV パネル自体に穴はあけられない。そこで、架台上部に PC (ポリカーボネート) 製の屋根用波板材を貼って、その上に PV パネルを置く仕様にしてみた。まず、適当なサイズの垂木 (米松浅木 27x30、3m で 380 円と安かった) を買ってきて、防腐剤を兼ねた塗料を塗っておく。単管フレームに 3 列分、垂木クランプを固定しておいて、それに垂木をビス止めする (下写真)。
   防腐剤を塗った垂木を取り付け

垂木の上に PC 波板を専用ビスで留めていく。昔は波板と言えば塩ビだったように思うが、PC の波板なんていつから売ってるんやろ? 発電力を高めるためには、周りが白いほうが良いそうだが、無かったので、割安だったクリヤー波板にしてみた。サイズはてっきり 180 x 90cm かと思っていたら、180 x 66cm だったので幅方向が足りなくなって、後からもう一枚買いに走った (笑、下写真)。
   ポリカ波板を取り付け

架台の角度は水平から 30 度に合わせたので、上に載せた可搬式 PV パネルがずれ落ちないようにする必要がある。可搬式 PV パネルには垂直に吊るすときのために、片方の端にハトメがついた穴が二つあるので、垂木に穴を掘って手持ちの Φ10 アルミパイプを、突き出し高さが合うようにカットして挿し込んで接着 (下右写真) し、それに PV パネルのハトメ穴を挿して引っ掛けるようにしてみた (下左写真)。PV パネルの自重があるので、多少の風では外れないと思う。
   可搬式 PV パネルを載せるPV パネルを引っ掛けるアルミパイプ

PV パネルの裏側から配線が出ているので、多少ガタガタするが良しとする。PV パネル 3 枚を直列に繋いで自室内のポタ電 (ポータブル電源 : Bluetti AC200P) まで配線してみたら、ちゃんと発電できているのが確認できた (下写真)。長さが足りるかどうか心配だった配線も 10m x 2 セットの 20m でちょうど良かった。今のところ可搬式 PV パネルは 3 枚だが、夏までには 6 枚にしてやろうと考えている (1 枚で実測最大 100W ほどなので、それくらい枚数が無いとエアコンの消費電力は賄えないだろうと思う)。
   ちゃんと発電できている発電中の電力

少し気になったのが架台下のスペース (下左写真) で、物置きにも使う予定だし、PV パネルの MC4 コネクターを地べた (アスファルト) の上に直接転がしておくのは、防水であるとはいえ、どうかと思うので、クロスさせた単管の上にプラダン製の黒い板を固定してケーブル置き兼用台にしてみた (下右写真)。
   架台下部の配線PV パネル架台下にケーブル台追加


追記
ちなみにこの PV パネル架台を作るのにかかった費用は、税込み 3 万円ほどだった。実際にかかった費用を下表に示す。
   PV パネル架台の部品価格

テーマ : 地球温暖化
ジャンル : その他

Wingcopter 178 について

DRONE ニュースで見た下リンク機記事の固定翼 VTOL 型ドローン 「Wingcopter 178」 のデザインが気に入ったので調べてみた。これまで知らなかったが、なかなか有名な機体なんやね。

ANA、固定翼VTOL型ドローンを⽤いて医薬品配送実施
   荷物を抱いて着陸状態

ドイツのメーカー製で、2017 年あたりに発表されたものらしい。下リンク先のカタログに寄れば、サイズは幅 178cmx 長さ 132cmx 高さ 52cm、機体重量が 9.6kg で、6kg の荷物を抱いて120 分飛べるそうだ。最高速度は 150km/h、高度 5000m まで上昇可能。直径 8m くらいの平地があれば、離着陸可能らしい。すでに僻地に物を運ぶ業務で役に立っているそうだ。

WINGCOPTER
ウィキペディア ウィングコプター
カタログ
VTOL機「WINGCOPTER」を使ったレベル3飛行による実証実験の様子をご紹介
SkyLink
   荷物の無い状態腹下の構造

外観から見える構造について考えてみると、主翼兼胴体と逆V型尾翼を軽量なスチロール樹脂で一体成型し、それらをカーボンファイバー製の 2 本のパイプで繋いでいるんだろうと思う。主翼を前後に貫通するアームの端に 4 枚のプロペラを付けて、それを垂直離着陸時には上下に向けて普通のドローンのように上昇降下する (上左写真)。上空で前方の 2 枚のプロペラを前方向に 90 度回転させて固定翼機として飛行し、後方の 2 枚のプロペラは畳んで後ろ向きに固定するようだ (上右写真)。ローターティルトは一瞬で行われるらしい。ビデオで見たが、ホバリングから前進への遷移状態や、その逆がどういう飛行になるのかはよくわからなかった。
   真横から見た写真

プロペラの付いたアームは、主翼翼形に対して前が下がって後ろが上がっている (上写真) が、これは固定翼飛行時に主翼と推力軸の角度差が必要なためだろうか? 箱に梱包しやすいように両外翼部分は分解できる。V 字型尾翼は、構造が簡単なのが利点だが、この機体の場合、荷物を抱くために脚が長いので、逆 V 字にしたほうが梱包状態が小さくできるということじゃないかと思う。この速度で後退翼効果があるかどうか知らんが、格好が良いからよい。

下リンク先記事によると、お値段はオープン価格で、約 1000 万円だそうだ。自動飛行機能や荷物吊り下げ機能は無くて良いので、ふたまわり小型化してラジコン飛行機として売ってくれんやろか (笑)。

ドイツ製のVTOL型固定翼機「Wingcopter」の国内販売を6月から開始
広範囲のデータ収集に期待が寄せられる固定翼型ドローン


飛行機、ドローン、模型まとめページ

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

PV パネル架台を組み立てる-1

災害が起きて停電になっても、1 つの部屋だけとか一部のみへの供給ではあるものの、停電のない住宅を作ることが目的で、PV (PhotoVoltaic : 太陽光発電) システムを作ってみようと考えてきた。システムのサイズは、夏の間、晴れていればエアコン冷房をポタ電 (ポータブル電源) と PV パネルで賄える容量ということから決めた (→ 自室の冷房を賄える PV パネルの検討)。

PV パネルについては、可搬式のものを使うにしても、簡単に設置及び撤去できる架台が必要だということで、前回 (→ PV パネルの架台を検討する) 参考書を見て構造を考えた (下は固定式 PV パネルを最大 4 枚置くとして考えた組み立て図) ので、部品を買ってきて組み立てることにした。
   PV 架台組み立て図-1PV 架台組み立て図-2

もともと、近くのホームセンター DCM ダイキで揃うもので考えてきたので、必要な部品を買い出しに行く。最初は全部品ではなく仮組みに必要な分だけにする。3m の単管はさすがに愛車 Honda N-BOX には載らなくて、ダイキで軽トラを借りて自宅に積んで帰った。
   借り組み状態

位置は、風が吹いてもひっくり返らないように、敷地境の古いブロック塀に沿って置くことにした。架台上の斜面は、ほぼ南東向きになる。大枠を組んでみて左右の傾きを見る (上写真) と、そのままで、ほぼ水平が出ていることがわかった。架台上面の角度は、PV パネルの角度を決めることになるので重要だが、現物合わせでほぼ 30°になるように調整した (下左図)。
   架台斜面の角度垂木クランプ

この状態で横に垂木を張ることになるので垂木クランプを仮組みしてみたら、笑ってしまった。垂木クランプは、困ったことに取り付ける単管と直角の向きに垂木を固定する仕様だった (笑、上右写真)。Bachi は取り付ける単管に平行に垂木を固定する仕様だと勘違いしていたので、組み立て図と部品数を変更する必要がある。修正した組み立て図は下図 (可搬式 PV パネル最大 6 枚置き仕様に変更)。2m の単管が 2 本追加になり、手間をかけて持って帰った 3m の単管が余ってしまったが、これは後で使い道を考えることにする。(つづく)
   修正 PV 架台組み立て図-1修正 PV 架台組み立て図-2

テーマ : 地球温暖化
ジャンル : その他

EM ESCAPE 林道 奥徳能線(仮)を走ってみる-2

下リンク先は、先日、GIGAJIN で見つけた記事だが、森林浴も 「幸せのための習慣」 のひとつなんだそうだ。Bachi が林道をオートバイで散歩するのも、それが目的なのかもしれん。だもんで、新型コロナ感染症によりツーリング自粛中ながら、市内を走って楽しむくらいはさせてもらおうと思う (笑)。

簡単に始められる 「世界の幸せの習慣 6 選」

昨年、Honda CC110 クロスカブで行ってみて、途中にある激坂をみて 「こりゃ行けんわ」 と思って引返したままになっていた愛媛県西条市北西部の林道 「奥徳能線(仮)」 (→ 林道 奥徳能線(仮)を走ってみる-1) だが、暖かくなってきたので電動公道走行トライアル車の Electric Motion ESCAPE でリベンジすることにした。ぐずぐずしていると虫が出たり草木が茂って見通しが悪くなる。林道は暑くなると大変やからね (寒いと行く気が無くなるが)。

行くと決めた時点で、PV (PhotoVoltaic : 太陽光発電) パネルで充電した手持ちポタ電 (ポータブル電源 : Bluetti AC200) の残量が 1/2 (約 1kWh) を切っていたので、ポタ電で ESCAPE を充電するのは諦めて、朝、6:00 ごろから商用電源で充電し始める (平日、電気代が 1.5 倍になる 9:00 までに充電を終わらせるため) 。ESCAPE 用のバッテリー充電器は冷却ファンの音がうるさいので、寝ているあいだに充電するというわけにはいかない (笑)。約 2 時間で充電を完了して、3 月 26 日の 12:20 ごろ自宅を出発した。
   奥徳能林道(仮)地図1池の横

約 5km 走って林道を少し入ったところにある池に到着 (上左地図中の ①、上右写真)。いまさらだが、上左の地理院地図によれば、この林道は 「奥古田線(仮)」 と呼んだ方が良さそうだ (林道看板地図には 「徳能」 と書いてあったのよ)。そこからまっすぐ登って、左わきにある小高い社を過ぎ、谷の奥で左カーブしたところまでしか、クロスカブでは行けなかったが、ESCAPE では、そこから急坂を登って、池から 1.4km ほど入った高度 200m ほどの地点まで行けた (②、下左写真)。道の形の地形は、その先も続いているが、メンテされてなくて藪になっているので、これ以上行けそうにない。(右下写真は途中)
   藪になった道気持ちの良い林道

茨に引っかかって往生しながら U ターンして分かれ道 (③) まで戻って右側の道に入って見る。300m ほど入ったところの急な右カーブの分かれ道には進入禁止の針金があった (④、下左写真) ので行ける方向に進むと、400m ほどで林道の出口に到着 (⑤、下右写真)。
   針金で遮られた道林道から出た

U ターンして池の下 (⑥) まで戻って、今度は分かれ道を左に入る。この道も 600m ほど入ったところで、倒木がたくさん出てきて、それ以上は進めない (⑦、下右写真)。
   奥徳能林道(仮)地図2倒木に遮られた道

次は、前にも行ったことがある 「常石山」 方面へ行って見る。秋山好古さんの忠魂碑 (⑧、下右写真) の場所まで登るには、山頂と書いてある立て札の道を行けばよい。このルートは下左の地図には無いように思うが、たぶん赤い線のような道だと思う。途中の 50m くらいある上り坂が、簡易舗装されているものの、勾配がきつくて落ち葉があって、身体を上下させて後輪に荷重をかけた時にスロットルを開けてグリップさせることで、ぎりぎり登ることができた。滑り落ちるかと思ってドキドキした。同じ坂を下る時に、後輪がロックしたままになってスリップダウンしたが、坂上側に倒れたので無事復帰できた (笑)。
   奥徳能林道(仮)地図3鎮魂碑の裏側

調子が出てきたので、山一つ西側の 「西山林道(仮)」 にも行って見た。紅葉で知られた西山興隆寺に登る道から右に折れて林道に入る (⑨)。この道は 1km ほどは調子良く走ることができるが、右に曲がった後、左に曲がって高度を上げていくと道の状態が悪くなる。左側はがけで柵は無く道幅が狭くなっていくので、適当なところであきらめた (⑩、下右写真)。
   奥徳能林道(仮)地図4だんだん細くなるがけ際の道

途中、西山のしだれ桜の横で写真を撮って自宅に帰った。2 時間ほど楽しく遊んで、走行距離 23.8km。林道まで往復の距離が約 10km なので、14km 弱、林道付近を走っていたことになる。これで、バッテリー残量は、インジケータで 10→7 だから、まだ余裕はある。3 回転倒したが、プロテクターが役に立って、無事帰って来れた (笑)。
   西山の桜西山のしだれ桜


追記
上に出てくる常石山の坂道の勾配はどれくらいあるんやろ? と思ったので、1 週間後に簡易勾配計で測りに行ってみた。前回と違って、道の落ち葉が無かった (掃除されていた?) のでグリップが良かったが、勾配は、約 30 度だとわかった (下左写真)。写真だと、きつさがわかりにくい (下右写真)。
   坂の勾配を測ってみる常石山の坂道


ESCAPE記事まとめ

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

自宅消費電力の見える化

自宅の消費電力削減から CO2 削減につなげようと考えて、自室の冷房能力 2.5kW 級エアコンを、災害による停電時にポタ電 (ポータブル電源) と PV (PhotoVoltaic : 太陽光発電) パネルで賄える仕組みを作ってみよう、ということでいろいろ (→ PV パネルの架台を検討する) 考えている。なんとか夏までにはシステムを稼働させてみたい。

それとは別に、CO2 削減のために自宅での消費電力を詳しく知ることも必要かと考えた。この目的のためには、ご存知のように HEMS (Home Energy Management System) を使えばよい。「政府は 2030 年までに全ての住まいに HEMS を設置することを目指しています」 (平成 24 年 「グリーン政策大綱」 内閣官房 国家戦略室より) だそうだが、これまで付けろと言われた覚えはない。ホントにやる気なんかね?

スマートHEMS : HEMS(ヘムス)とは?
   HEMS 説明図

HEMS を付けるためには、まずスマートメーター (賢い消費電力計) が付いている必要があるが、我が家は昨年建てたので、さすがに最初から付いている。(スマートメーターは 2024 年までに全世帯に付けるそうだ)

スマートメーターって知ってる?仕組みから設置の手続きまでまとめて紹介
   自宅のスマートメーター

HEMS を使えば、どういう情報が得られるのか、価格はどれくらいなのか、比較的新しい去年の情報を調べてみると、基本的に部屋別のリアルタイムの消費電力が見られて、あとは HEMS 対応の通信装置付き家電であれば、家電ごとの消費電力がわかったり、ON/OFF をコントロールできたりするらしい。また、PV 発電・売電をやっている場合は、そのデータが見られるらしい (間違っていたらすみません)。その設置にかかる費用はというと、「5~20 万円」 だそうだ (下リンク先記事参照)。

【2020年度】HEMS(ヘムス)は補助金制度が利用できる!

いやちょっと、それだけの機能で 「5~20 万円」 は高いんちゃう? わざわざ専用タブレットなんか作らなくても、専用通信用ドングルと PC アプリにすれば、もっと安くできそうなもんだ。地域によっては市町村から補助があるそうだが、その場合でも全額ではない。コスパを考えて HEMS 導入はやめることにした。その後、気が付いたが、契約している四国電力の 「よんでんコンシェルジュ」 を見れば、だいたい 3 時間前の我が家の 30 分毎の総消費電力を見ることができて (下左図参照)、日別、月別集計もできるんやね。電気器具別の消費電力は、簡易電力計 (下右写真) で調べればよい (エアコンは電源プラグが違って測れなかったが)。出先から動かしたい自宅の電気機器はエアコンぐらいだろうと思うが、これは、すでにエアコン単独の WiFi 接続機能で、スマホからコントロールできるようになっている。そういうことなので、消費電力の 「見える化」 は現状のままで良しとする (笑)。
   30 分別電気使用量グラフ簡易電力計

テーマ : 地球温暖化
ジャンル : その他

クロスカブ 永納山城跡を見に行く

Bachi が住んでいる愛媛県西条市を facebook でフォローしていると、ちょくちょく下のような教育委員会社会教育課の 「永納山城跡」 (えいのうさんじょうあと) に関する情報が表示される。2019 年末に 42 年ぶりに故郷に U ターンしてきて初めて聞いた名前なので 「なんじゃそりゃ?」 と思っていた。
   facebook に来る通知

というのも、小中高校まで 18 年間居たにもかかわらず、郷土の史跡 「永納山城」 について聞いたことが無かったから。そこで西条市のウェブサイトを見てみると 「7 世紀後半前後に築かれた古代山城の一つと考えられています。日本の城は造られた時代によって (1) 古代山城、(2) 中世山城、(3) 近世の城と大きく 3 つに分けられますが、古代山城はその中でも最も古い城です。古代山城は、現在のところ西日本を中心に 25 カ所しか発見されていません。愛媛県では永納山城 1 カ所のみで、四国でも 3 カ所しか確認されていません。」 だそうだ。

国史跡 永納山城跡

ウィキペディアにも情報が載っている。

ウィキペディア 永納山城

そんなに古くて貴重な国の史跡なのに、なんで地元民の Bachi は聞いたことが無かったんやろ? と思っていたら、下リンク先記事に理由が載っていた。(行き方やコース行程図などが詳しく説明されています)

永納山へ行こう!

記事によると 「かねてより、遺跡があるだろう噂があったお山でしたが、発見のきっかけになったのは意外にも昭和 50 年 (1975) に起きた山火事でした。焼け跡から人工的な列石 (石の列) が見つかり、昭和 5 2年 (1977) から行われた旧東予市による分布調査により、古代山城の跡であることが確認されました。」 だそうだ。Bachi が郷里にいたのは、1977 年までなので知らなかったわけね。これで納得できた。そういう史跡なら一度行って見ようと 3 月下旬の晴れた日の昼過ぎに出発した。Honda CC110 クロスカブで 30 分弱走って国道 196 号線河原津にある北部登口の入り口道路に付いたのが 14:20 ごろ。気温は 17℃ だが西風が冷たくて山登りにはちょうど良い。
   国道196号から分かれて高速今治小松道下の北部登口の入り口北部登口

高速今治小松道をくぐってすぐ左に北部登口まで急坂を登る。クルマでも登れるが、どん詰まりで U ターンするスペースがギリギリなので、クルマで行くなら駐車場がある南部登口から行ったほうが良さそうだ。クロスカブを駐車して土の道を徒歩で登り始める。途中で段々になった崖が見えるが、これが城壁跡だそうだ。
   正面から見た城壁跡横から見た城壁跡

南部登口の方に全体図の看板があって、城壁は 「東西約 470m、南北約 720m、全長はおよそ 2.5km」 にもなるそうだ。「西暦663年に起きた白村江の会戦での敗戦後、百済の亡命貴族の指揮の下に築城された」 唐・新羅連合軍対策の山城の一つだという。下右図は上リンク先の 「永納山へ行こう!」 サイトから借用。歩行時間が書いてあってありがたい。
   案内図看板「永納山へ行こう!」 サイトの案内図

ハイキングコースとして道が整備されているが、勾配がきつい部分があり、土が崩れやすいので滑らないように注意が必要。
   整備されたハイキング道永納山山頂

北部登口からだと 15 分ほどで到着する永納山山頂は高度は 132m と低いが、海際なので北東南方向は、非常に景色が良い。前に書いた旧道 (→ 西条市から今治市への旧道を走る) は永納山のすぐ西側を通っていて、三角岩山の医王山 (いおやま) を眼下に見ることができる。次回は南部登口から上って見ようと思う。
   北方今治方面東方休暇村から瀬戸内海方面
   南方西条市方面南方石鎚山を望む


Honda CC110 クロスカブ 記事まとめ

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

Bachi

Author:Bachi
1959生まれ、男性、妻子有。
35年間勤めた某二輪メーカーの技術研究所を2019年8月に退職。10月に埼玉県南部から郷里の愛媛県にUターン。2020年3月地元企業に再就職したが、家族の事情で8月末に退職。世田谷ベースみたいなガレージ欲しい歴40年くらいで、2020年11月に、やっと自室兼オートバイガレージを入手。

現在の愛車
〇スポーツ自転車
2013年型 BRIDGESTONE ANCHOR RNC7
2013年型 Tern Link C7
〇オートバイ
2017年型 Electric Motion ESCAPE
2019年型 Honda CC110 クロスカブ
〇クルマ
2018年型 Honda N-BOX(スロープ仕様)

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR